まちかね祭とは

まちかね祭について

まちかね祭とは毎年11月の初めに大阪大学の豊中キャンパスで開催される大学祭のことです。以前より行われていた「体育文化祭」が1960年に「大学祭」と改められたのがはじまりで、今年で57回目の開催となりました。 ちなみに「まちかね祭」という名前は、大学祭が大学公認のイベントになった1996年に公募により決められたものです。 昨年度は、およそ200もの学生企画が集まり、雨天だったにも関わらずキャンパス内は多くの方で賑わいました!



まちかね祭を楽しもう!

どんな特長があるの?

家族連れの方も安心!「レゴ® 」から「JAZZ」まで、様々な企画が揃ってます!

地域で催される一般的なお祭りと「まちかね祭」との一番大きな違いは企画の多様さ。「コンサート」「模擬店」「即売会」「展覧会」「ワークショップ」などのイベントを一カ所で同時に味わうことができるのが大学祭のウリですが、日本屈指の規模を誇る総合大学である大阪大学の大学祭ともなれば企画の幅の広さも格別。 子供なら一度は触ったことのある「レゴ®」の展覧会から、大人な雰囲気を演出するJAZZの演奏会まで多種多様な企画が揃っていますので、家族連れの方をはじめ、あらゆる層の方にお楽しみいただけます。

朝から晩まで、飽きることなく楽しめます!!

まちかね祭では、約200という莫大な数の企画が催されますが、とりわけ館内や屋外で催される企画の中には、時間によって催される内容が異なる、いわば「何度訪れてもおもしろい」企画が少なくありません。 さらに、2つあるステージでは様々なイベントが一日中ほとんど絶え間なく催されるものですから、来場者の多くは「朝に来場したハズなのに気づけば夜になっていた」なんて不思議に遭遇することになるかもしれません!

少ない予算でいっぱい楽しめます!!!

まちかね祭では、人気のアーティストの演奏を無料で聞けることに代表されるように、ほとんどの企画を無料、または数百円のお金で楽しむことができます。最小限の出費で最大限の楽しさを味わえる、それがまちかね祭の魅力の一つです!

今年のテーマ

まちかね祭では毎年公募により集められた案をもとに大学祭のテーマを決めています。

今年のテーマは
未来の私とつながる瞬間(とき)
に決定いたしました!

大学の専攻、将来の夢、いつまでも飽きない趣味...
今の自分を形成アレやコレの多くは、いつかどこかの何らかの出会いがキッカケのはず。 同じように、未来の自分は、これからの出会いによって形作られるといえるでしょう。

まちかね祭には、思いもよらぬ出会いがたくさん詰まっています。 まちかね祭に訪れた皆様に、未来の自分とリンクする出会いが訪れますように...!


ちなみに、過去15年間のまちかね祭のテーマはこちらです。

過去15年のテーマ
回数テーマ
201556大阪振舞(おおばんぶるまい)
201455祭(さい)は投げられた!
201354一祭合才
201253まちかね、くるかね?
201152阪大、∞。
201051本気(マジ)かね!
200950千客阪大
200849~煌~
200748彩(いろどり)
200647阪大日和
200546熱い想い
200445阪大沸騰中
200344融和
200243
2001420~zero~
更新履歴 news