環境への取り組み

盛大で華やかな大学祭が行われる裏で問題となるのはゴミの排出量に関すること。 模擬店の運営や、大学祭の準備・後片付けの際に発生するゴミをはじめ、学祭期間中には莫大な量の廃棄物が生じます。 それらが与える環境負荷の大きさは言うまでもありません。 そこで「まちかね祭」では、大阪大学生協学生委員会環境局の方々の主導のもと、廃棄するゴミの量を少しでも減すために様々な取り組みが行われています。 具体的な取り組み内容として

  • リサイクル可能な使い捨てトレイ(エコトレイ)の使用
  • 洗うことで何度でも使うことのできる「リターナブル皿」の使用
  • ゴミ分別の細分化(模擬店近くのゴミ箱では、ゴミを7種類以上に分別してもらいます)
  • 来場者の方に対するゴミ分別の指導(ゴミナビゲーション)
などを挙げることができます。

より詳しい内容が、大阪大学生協学生委員会環境局の方々が運営している大阪大学 大学祭 模擬店向け環境サポートページにて掲載されておりますので、どうぞご覧ください。

page top